マネックスFX

マネックスFXの特徴とクチコミや使用体験レビュー。少し辛口のクチコミです。


マネックスFX

FX会社ランキング第9位
マネックスFX
会社名 マネックス証券株式会社
所在地 東京都港区赤坂1丁目12番32号
資本金 122億
登録番号 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号、貸金業者 東京都知事(3)第31319号
1000通貨単位取引可 キャッシュバック 完全信託保全 システムトレード 売買シグナル 高機能取引ツール 高スワップポイント マイナー通貨ペア MAC対応 iPhone対応
 
口座開設
FX会社ランキング第9位 → FXランキング詳細(12月13日更新)

マネックスFXの取引画面

マネックスFXは、オンライン証券会社の老舗で設立から18年が経ちます。マネックスというブランド力があり、設立が1999年5月、従業員数271名(2017年6月現在)、資本金122億で投資家からの信頼は大きいです。サポートが充実しているので初心者にも最適なFX会社といえます。マネックスFXは、スワップポイントが高いのが特徴で、長期投資用の口座として最適ですが、もちろんデイトレや短期売買も問題なくできます。取引数量に応じてスプレッドが異なり、1,000通貨から10,000通貨までの米ドル円のスプレッドは0.2銭で業界最狭といえます。FX専業業者中No.1の資本金を誇り、システム環境やスペック、会社の安定度は抜群です...詳しく見る

口座開設

必要証拠金

初回に必要な入金額は特に設定されておらず、初心者でも安心して口座を開設することができます。

最初の取引に必要な金額(米ドル/円の最低証拠金+スプレッド金額) 最低取引通貨単位 初回入金額
44,996円 (44,976+20) 1,000通貨単位 0円

スプレッド

スプレッドは、取引数量に応じて変更となるシステムです。取引量が10,000通貨以下の取引の場合、原則固定で例外はありますが、米ドル円で0.2銭(1万通貨未満の場合)、ユーロ円で0.4銭(1万通貨未満の場合)、英ポンド円で0.9銭(1万通貨未満の場合)、豪ドル円で0.5銭(1万通貨未満の場合)となっており、米ドル円のスプレッドに関しては業界最狭といえます。

上場企業のグループ会社で信頼性の面では安心な口座ですが、スペックがいまいちで利用していなかった人も多く、スプレッドが狭くなったことで愛用口座にする人は増えることでしょう。

マネックスFXの主要通貨のスプレッド

USD EUR GBP AUD
0.2銭(1万通貨未満の場合) 0.4銭(1万通貨未満の場合) 0.9銭(1万通貨未満の場合) 0.5銭(1万通貨未満の場合)

スワップ

スワップ金利が業界最高水準のため、中・長期派には嬉しいメリットとなっています。スワップ金利が高いことで人気のトルコリラ/円の通貨ペアや、メキシコペソ/円の通貨ペアも取扱っています。スワップポイントとは、金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する、金利差調整分のことを指します。日本は世界の中でも超低金利国家ですので、外貨を日本円で買い保有することで、毎日スワップポイントを受け取ることができます。各国の金利差が逆転した場合は、スワップポイントの受け取りから支払いに転じることがありますので、注意が必要です。

対円の主要通貨ペア対応状況

通貨ペア数 USD EUR AUD NZD
13
GBP CAD CHF ZAR TRY
×

取引単位

取引通貨単位は、1,000通貨単位です。数百円からFXを楽しむことができます。

チャート機能

トレンド系
移動平均
ボリンジャーバンド
一目均衡
エンベロープ
EMA×
チャネルシステム×
パラボリック
ピボット×
ポイント&フィギュア
ペンタゴンチャート×
オシレーター系
移動平均乖離率
RSI
サイコロジカルライン
W%R
MACD
ストキャスティクス
RCI
DMI
モメンタム
ROC×
フィボナッチリトレースメント
口座開設

取引ツール

マネックスFXは、「MonexFX ブラウザツール」「MonexFX SPEED Lite」「MonexFX SPEED」「MonexFX SPEED スマートフォン」「携帯版取引ツール」の5つの取引環境を提供しています。

「MonexFX ブラウザツール」は、マネックスFXを初めて利用する方やFX初心者向けに作られたシンプルなUIで投資情報を充実させています。ファスト注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFDOCO注文、トレール注文の7つの注文機能を搭載。少ない操作で新規注文、決済注文ができます。

「MonexFX SPEED Lite」は、インストール不要の注文画面。ワンクリックのスピード注文搭載で、UIのレイアウトは直感的な操作ができるように設計。またタブレット端末に対応しています。アプリをインストールしなくて良いのが○。

「MonexFX SPEED」は、プロ仕様のブラウザ取引ツール。WindowsだけでなくMac対応もしており、こちらのインストールなしで即起動が可能。ブラウザ取引ツールは、Macでも使えるFX会社が多いとは思いますが、Macに最適化しているようなので、Macでも使える会社を使っているなら、マネックスFXに乗り換えるのもありかと思います。テクニカル指標は28種類、描画ツールは19種類と細かいところまで相場を分析できます。チャート画面から注文できるので、狙ったタイミングで注文でき約定する感覚を掴んだら他のツールを使ったら機会損失している気分になるかも知れません。

「MonexFX SPEED スマートフォン」は、スマホ対応の取引アプリです。iOS・Androidともにストアからインストールが必要です。注文画面には取引に必要な機能を1画面にまとまってしますし、PCブラウザ取引ツール同様、スマホアプリもチャート画面から注文できます。

「携帯版取引ツール」は、携帯電話の取引ツールで、DoCoMo(ドコモ)、au(エーユー)、SoftBank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル)の4キャリアに対応。携帯電話用専用URLにアクセスしログインすることで利用できます。ニュース、チャート、新規注文、決済注文、口座管理、レートリミッター通知など携帯電話しかなくても取引できる一通りの機能は搭載されています。 >> 実際の取引画面

iPhone・Android・iPad対応

マネックスFXのスマホアプリ「MonexFX SPEED スマートフォン」は、レート一覧からチャート画面に移動でき、注文画面を表示しなくても、チャート画面から注文できるスピードを意識した画面レイアウトになっています。スマホアプリに搭載された注文方法は、成行、ファスト、指値、逆指値、トレール、 IFD、OCO、IFDOCO等、9種類です。ログイン情報は、IDとパスワードを保存できるので毎回入力しなくてOK。また、セッションが切れても自動再ログインしてくれるので、起動に手間がないです。

注文機能

指値/逆指値 OCO 約定通知 2WAY方式 期日指定
×

取引機能

両建 ロスカット トレール デモトレード マージンコール

システム・サーバー

マネックスFXの取引システムは、障害発生後でも機能を維持し続けられるように、冗長化(予備のシステムをバックアップとして配置)しており、24時間常に高水準なサポート体制で守られています。冗長化システムを取り入れた2008年12月以降は、システムの稼働率が100%。ロードバランシングに対応し、トラフィック増加に対応できるよう、回線増強や並列分散処理が可能な構成で構築されています。約定数などの管理を行ったり、一定の基準を設けたシステム増強を行っているとのことで、安定したシステム環境の提供が行われています。

信託保全

マネックスFXは、2009年3月より投資者より預かった保証金の保全方法に、日証金信託銀行もしくは「三井住友信託銀行株式会社」への100%信託保全を導入しました。これにより、投資者から預かった証拠金をマネックスFXの固有財産とは区分し、受益者代理人の監督下で安全・確実に保全されます。信託銀行に預託された資産は、万が一、会社が破綻した場合においても、債権者の差押え等の対象とならず、信託銀行から受益者である投資者へ資産の返還が行われます。また、受託信託銀行が破綻した場合も、信託銀行固有の財産から切り離して取り扱われるため、信託財産として保全され、より安心して取引ができます。

約定力

マネックスFXのストリーミング時の約定能力については、99%以上となっており、非常に安定したシステムで運用されていることが伺えます。

メリット

  • 1,000通貨から取引できる。
  • 10,000通貨以下の取引のスプレッドが最狭。(米ドル円0.2銭)
  • Mac対応している。
  • 新規注文と同時に決済注文をpip単位で利食い・損切り、個別に設定できる。
  • スワップポイントが高い。

デメリット

辛口レビュー

トレーダーのニーズに合わせてサービス内容を柔軟に変更しているので、かなり良いFX会社になりました。前はブランド力や企業の安全性・信頼性を重視した場合選ばれるFX会社というイメージでしたが、取引数量に応じてスプレッドを変更したり、新規注文と同時に決済注文をpip単位で指定できるなどとても良い機能が充実している。トレーダーに親切なFX会社で今後のサービスにも期待したい。

総合評価

業界最狭水準のスプレッドを提供していること、トレーダーの経験値、それぞれにあわせたサービス内容で初心者から経験者まで対応できる環境とサービス内容です。シンプルな取引ツールから細かい相場分析ができるツール、外出時にも対応できるスマホアプリ・携帯ツールの機能を充実されていて、自由に環境を選ぶことが可能。インターネット取引手数料、クイック入金手数料、口座開設費、口座維持費、すべて0円。以前は、スワップポイントが高く、スプレッドも広かったので、中長期取引向けのスペックでしたが、最近は、スプレッドが業界最狭になり、チャートが発注できる取引ツールもあり、短期売買の取引でも利益を狙える環境です。

口座開設
掲載FX会社一覧
株式会社DMM.com証券 GMOクリック証券株式会社 ヒロセ通商株式会社 インヴァスト証券株式会社 株式会社DMM.com証券 株式会社FXブロードネット
株式会社外為オンライン 株式会社マネーパートナーズ マネックス証券株式会社 トレイダーズ証券株式会社 株式会社アイネット証券 ひまわり証券株式会社 IG証券株式会社 株式会社ライブスター証券 インヴァスト証券株式会社  SBI FXトレード株式会社 JFX株式会社